初笑い

2018.01.19

新海さん、バトンありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

お題は
2018年の初笑いエピソードと今年はどんな仕事をして笑いたいか。です。
年越しから元日までの過ごし方を書きながら振り返ります。

 

大晦日。
まだまだ若い。と思いたくて
キャピキャピ感を補おうと友人と予約した
カウントダウンパーティーの
カウントダウンに間に合わず。

結局いつもこんな感じだねと笑い合い
この瞬間の方がパーティーよりも心地良いのだと気付きます。
(20時から翌5時までやっているパーティーなのに
滞在時間は30分程でした。)

そもそも、パーティーって何なのでしょう。

 

盛り下がったパーティーとやらに参加したあと、
小中学校の同級生10人程と合流しボーリングとカラオケへ。
お店を出る頃には初日の出が眩しく輝いておりました。
そのまま映画館へ行きスターウォーズを4Dで観賞、お買い物をして終了です。
幸せな2日間でした。

 

と、振り返ると、初笑いは
カウントダウンに間に合わず笑い合ったときでしょうか。
しょうもない初笑いのエピソードで申し訳ないです。
23歳女の現実と思っていただければと思います。すみません。

 

幸い大晦日も元日も、ずっと楽しく笑っていた記憶しかないので、
お仕事の方もこの良い流れのままいけたらいいです。
昨年、仕事で笑ったといえば
「わー、すごい!こんなことができるのか!感動(技術的な話)」
「一人でこんなことができるようになった!(技術的な話)」
私の印象的にこんな感じでした。
拙い文章で伝わらないかもしれませんが、
今年はそういう笑いじゃない、違った笑い方ができるようなお仕事を増やしていけたらいいなと思います。
・・・言葉や文章で上手に伝える。これは2018年の課題にします。

 

それでは次のバトン。村中さんへ。
「何をしているときが一番幸せですか?」

 

text by kikuchi

本気で未来を掘り起こす

2018.01.12

クライアントの皆さま、協力パートナーの皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年のバロックは、「未来を掘り起こす」のスローガンのもと、各自がスイミーのように自分と向き合い行動し、本気でクライアントの皆さんの未来を掘り起こすことに取り組ませていただきます。

 

ということで、吉川さんバトンありがとう。

テーマはマーケティングの仕事に関わるものとして「我々にとってダサくない仕事って何なんでしょう?」。

ダサくない仕事は、

世の中がそれでも少しずつ良くなっていくと信じて、

自分の存在と創造力の可能性に対する信念をもって、

相手をよくよく知る努力をして、本気でやる仕事と捉えてます。

以前も記載した覚えがありますが、

脳神経外科医の上山博康先生の「批評家になるな。いつも批判される立場にいろ。」という言葉が好きです。

今日の不正解が明日の正解かもしれない。実行者であることが大切だと気付かせてくれます。

 

それでは、バトンを菊地さん。

2018年の初笑いのエピソードと今年はどんな仕事して笑いたい?

よろしく!

text by shinkai

インスタ映え

2017.12.30

「インスタ(Instagram)」とは、

自身の存在を写真で投稿アピールし、「いいね」されて

他者から認められたことに満足することを

楽しむ遊びと認識してますが、

今年の流行語でもある「インスタ映え」については、

先行して利用していたユーザーへの憧れや、

どんな写真が、どんなことが、「いいね」される写真であるかを

分かりやすく実行しやすく定義するための言葉ではないかと。

何かマーケ戦略がかった、大衆に広めようとする作為を感じます。

言ってしまえば、他人に動かされている、誘導されている

ダサい、言われたくない、嫌な言葉になり始めたということですかね。

今後、「インスタ映え」はどんどん人気が落ちるんでしょうね。

もし本気で「インスタ映え」狙うなら

より人間臭い、オリジナルな、ジャーナリズムな

社会に対する意見や提案などなど、

本来のいい写真の意味に近づいていくんではないかと。

「インスタ映え」の意味も変わってしまいますが、、、

我々マーケティンの仕事に関わるものとしては、

ダサくない、ダサくなる前に、活用しないとですね。

それでは新海副社長、

我々にとってダサくない仕事って何なんでしょう?

お願いいたします。

   

ダサいとは(Wikipedia引用)「恰好悪い」「野暮ったい」「垢抜けない」などといった意味を持つ俗語・若者語である。 「ダサい」の類義語としては「いも」「いも臭い」「いもっぽい」「ださださ」「へこい」「へぼい」「ポテトチック」などがあり、対義語として「ナウい」という言葉があった。

 

text by yoshikawa

BATON BLOG

2018.01.19

BATON BLOG

2018.01.12

BATON BLOG

2017.12.30

BATON BLOG

2017.12.22

BATON BLOG

2017.12.15

BATON BLOG

2017.12.11

BATON BLOG

2017.12.02

BATON BLOG

2017.11.22

BATON BLOG

2017.11.06

BATON BLOG

2017.10.23

BATON BLOG

2017.10.03

BATON BLOG

2017.09.28

BATON BLOG

2017.09.22

BATON BLOG

2017.09.15

BATON BLOG

2017.09.06

BATON BLOG

2017.09.01

BATON BLOG

2017.08.21

BATON BLOG

2017.08.21

BATON BLOG

2017.08.04

BATON BLOG

2017.07.27