「新しい」という言葉

2017.06.16

中西さん、きましたね。

会社に大画面が設置されて以来、毎日流される「映画部」の配信に癒されている永田です。

テーマ「言葉を扱う上で、意識していること」。自分ではあまり言葉を丁寧に扱っているとは思えていないのだけど。。反省。

「言葉 = 表現」なんだなぁと、いつも頭を悩ませ、難しい、、!と痛感させられるのですが、例えば、「新しい」という言葉。

以前、とあるクライアント様に新商品に対してコピーを提案した際、この「新しい」という表現を見たご担当者様。

「今までいろいろな新商品を出してきて、それ毎に「新しい」という表現を使っているから、逆に新しさを感じなくて。「新しい」に変わる言葉を開発してもらえませんか。」

私はその言葉に衝撃が走りました。

「”新しい“という言葉が、新しくな、い、、!?」

がび〜〜〜〜ん!(古)

新発売や新体験など、訴求方法としてあたりまえの様に使ってしまい新しさや特別感すらなくなっていると感じさせてしまう。

「新しい」という言葉、皆さんはどう捉えていますか?「新しい」の新しい言葉や比喩表現、瞬時に思いつきます?

「新」の漢字の成り立ちを調べてみると、「大地を覆う木に、曲がった柄の先に刃物をつけた手斧で、木を切った際、切り口の鮮やかな所」から転じて「新」ができたそう。その切り口は、生命を感じられとても目に鮮やかなものだったのだろうと感じ取れました。

なにかとても言葉を粗雑に扱っているような気がして、「新しい」という言葉は決して悪い表現ではないんですよ!と返せない自分自身にも、また反省。

コピーの件はその後二転三転し、結果、消費者は「新しい」という言葉に対し、響きや文字から瞬時に新しいものとして情報を捉えているのではという結論になり、提案コピーは採用となりました。

今や、10代のSNSから新しい言葉が生まれる時代ですが、

当たり前に使っている言葉にも疑問を持ち、「言葉 = 表現」という事を忘れず、時代やTPOによって使い分けられるようになりたいと思う昨今ですよ、中西さん。

遠方のため言葉のやり取りが基本電話か文字ベースになってしまった、橋本さん。

最近自分の中で「これは新しいと感じる発見」は、ありましたか?

text by nagata

BATON BLOG

2017.10.03

BATON BLOG

2017.09.28

BATON BLOG

2017.09.22

BATON BLOG

2017.09.15

BATON BLOG

2017.09.06

BATON BLOG

2017.09.01

BATON BLOG

2017.08.21

BATON BLOG

2017.08.21

BATON BLOG

2017.08.04

BATON BLOG

2017.07.27

BATON BLOG

2017.07.27

BATON BLOG

2017.07.14

BATON BLOG

2017.07.06

BATON BLOG

2017.06.26

BATON BLOG

2017.06.16

BATON BLOG

2017.06.08

BATON BLOG

2017.06.02

BATON BLOG

2017.05.25

BATON BLOG

2017.05.19

BATON BLOG

2017.05.11