人に伝えると言う仕事

2013.11.05

人に伝える手段にはいろいろな方法があります。

手紙・電話・イラスト・写真・言葉・手旗信号・モールツ信号etc

今の時代SNSが浸透し便利なツールとして利用度は日に日に高まっています。

しかし、自分の考えや想いが全て相手に伝えられるかと言うとそれは?

相手が見えない中で、相手に一番効果的に伝えるには、

「伝達手段の、その先を意識し・想像し相手の倍の想いで伝える」が大事ではないでしょうか?

 

人や動物などの生き物には「五感」と言う素晴らしいものがあります。

しかしその五感も学術的には「感覚は少なくとも9種類はある」とも言われています。

細かく分類すれば約20余りもあると言われています。

 

その場におられない、まだ見ぬ知らない人へ伝える事が多い「伝える」と言う

難解な業務を日々自問自答しながら生きています。

 

「五感に伝わるデザイン」こそがこれからの情報化社会に勝ち残るものだと考えます。

「五感 いや20の感覚に響くデザイン」を「極」めながら残りの人生を全うしたいものです。

text by miura

バロックとピンクリボン運動

新年のご挨拶

B A t o M A Vol.09

一眼レフのススメ

通天閣に憧れて。

クリエイティブミーティング!

「極める日本! モノづくり~世界一展」

『twilight』

母型