フレッシュな想定外

2022.05.16

平井さんバトンありがとうございます。
最近はFF14とマイクラしてます、松澤です。

「鮮度のいい情報はどのように入手しているか」

私の日頃の情報源の半分はTwitterです。
朝起きてTwitterを見てトレンドに乗っているニュースやTweetを片っ端から見ています。
Twitterアカウント11年目ユーザーの日課です。
 
 
おわり
 
 
 
 
……いえ、一応それ以外の情報源もあります。
私はオンラインゲームをしており、
そこで仲良くなって日頃通話しながらゲームしたりご飯に行くこともあるフレンドがいます。
価値観が近かったから仲良くなったけれど、職業も属性もバラバラです。

・建設関係の会社で所長をやってるガテン系
・ケーキ工場で働くB'zファン
・鉄道会社に勤める、腐女子のオタク
・商社の営業事務、コスメとポケモン大好き女子
・小学生から高校生まで幅広く教える塾の先生
・最近事務に転職したストーンアクセ好き
・電子機器系の会社で働いてるっぽことしかわからない秘密主義者
・大学の理系の学部で研究をしてる、お酒大好き助教授

普通に生活していたら絶対に会うことがない人たちから、
その業界にいなければ知らない情報だったり、
自分が興味を持っていなかったけどおすすめな情報を聞いたりしています。


ネットで得られる情報はありがたいことに、
アルゴリズム?トラッキング?がどうたらで私好みの情報ばかりくれます。

想定外に遭遇することが難しい。

そんな時、想定外の驚きや体験を提供してくれるのは人なのだと感じます。


ところで今回ブログが回ってきたタイミングで、前回自分が書いたブログを見返しました。
「筋トレとウォーキングを習慣化するぞ」って言ってました。
現在できておりません。

習慣化って難しいですね!

では次のバトンは吉川さんに回します!
これだけは欠かさずやってる習慣、
習慣化しようとしたけどできなかったこととかあれば教えてください!
フレッシュで想定外なお題じゃなくてすみません!
text by matsuzawa

ドキッ

2022.05.06

小野田さんありがとうございます。
お題は、仕事を通して「ドキっ」としたことですね。

メールの宛先間違えて送信してしまったとか
刷り上がり見てたら日付間違ってたとか。
専門用語の略語で確認しないままこうだろっと思ったら全然違うとか。

一番ドキッとしたの入稿日にデータが飛んだことですかね。
直近のバックアップもなくほぼ初校の状態からやり直した時は記憶も時間も飛んで行きました。
クライアントさまにも多大なご迷惑をお掛けしましたし…。
営業にもどうすんのどうすんのって…。
本当にご迷惑お掛けしました。
記憶では何とか入稿は出来ましたはず。
それからはデータのバックアップや保存などは気をつける様になりました。
もちろん突然落ちて保存が間に合わなかったなどはありますが、
ドキッとしない為にはこういうところも気をつけていかないと信用を失いますよね。

でもまぁ必要とされる、信用されるには仕事ができるに越したことはないですが
それ以上に人間関係、コミュニケーションも大切だと思いますね。
ドキッっとしない為にも日々の準備、生活を大切にしていきたいです。

さて、東京にバトンが来てるのでもう一人くらい東京で繋ごうかなと。
松澤さんテレワーク生活も長くなってきて
通勤などで外出する機会も減っていた中、
外の情報を目でキャッチするのが難しいところですが、
鮮度のいい情報はどのように入手してますか。
ぜひ、教えてください。お願いします。

text by hirai

ラブレター

2022.04.22

和田さんありがとうございます。

久しぶりのブログです。

お題は「初恋」
恋って言葉いいですよね。いつまでもいちごのように甘酸っぱいイメージで(笑)
甘いと思ってかぶりついたら、すっぱかったり、見た目と実際に乖離があったり。

その恋を叶える方法といえば、ラブレター。
最近、ラブレターのことをよく考えます。
初恋で書くかはアレですが、ラブレターって、人生で最初に書く企画書ですね。

イチかバチかのラブレターよりも、相手のことを想い、どんな風に好きなのか?いつから好きになったのか?など、ただ「好きだ」ということを伝えるだけじゃ、ラブレターとしては不十分。

自分と付き合うとこんなメリットがあるなど、言葉を尽くし、付き合うという目的を達成するために手紙をしたためる。

今思えば、ラブレターを出す前に、その友達を使って外堀を埋めたり。
いろいろ根回しすることで、成功率上がりそうだけど、今はどうしてるのか?

最近の告白事情は、2021年にネクストレベルの調査によると、コロナ禍で且つ、LINEやSNS全盛期のにもかかわらず、今の世代の方がラブレターは活況。

アラフォー世代とZ世代とを比べると、Z世代の方が(手紙の)ラブレターをもらった割合が高いのは興味深いところ。

ことばを丁寧に伝えることの重要性は、いろいろツールの多くなった今の方がより理解されているようで、デジタルツールを使えているような気がして満足しているわたしのようなおっさんは、反省したいと思うところ。。
ラブレターを出した後のフィードバックもドキドキするもの。

Z世代はアラフォー世代よりもラブレターによる成功率が高いようで、立ち回りも上手そう。

 

プレゼンも同じで、相手がドキっとするようなラブレターを書きたいところですが、今でもラブレターは、むずかしい。。

 

次は、東京の平井さん

久しくお会いしていませんが、仕事を通して「ドキっ」としたこと教えてください。

text by onoda

BATON BLOG

2022.05.16

BATON BLOG

2022.05.06

BATON BLOG

2022.04.22

BATON BLOG

2022.04.04

BATON BLOG

2022.03.30

BATON BLOG

2022.03.17

BATON BLOG

2022.03.15

BATON BLOG

2022.03.04

BATON BLOG

2022.02.28

BATON BLOG

2022.02.17

BATON BLOG

2022.02.10

BATON BLOG

2022.02.04

BATON BLOG

2022.01.27

BATON BLOG

2022.01.20

BATON BLOG

2022.01.17

BATON BLOG

2022.01.07

BATON BLOG

2021.12.27

BATON BLOG

2021.12.17

BATON BLOG

2021.12.03

BATON BLOG

2021.11.26