小さな再会の繰り返し

2020.06.06

「再会の場面で食べた、めっちゃ旨かったご飯」ですか…
信定さん、バトンありがとうございます。

言われてみれば、最近「再会」してないな…と気づく。
ま、でも広く捉えれば、毎日が毎日であることが当然じゃないから、
毎日小さな再会がありますよね。

ほとんど毎日会っている仕事仲間でさえ、オンライン会議で画面越しに
顔を見れば、なんだか再会したような気持ちになる。とか。

・近いんだけど、実は遠い
・いつも以上に表情が見えるのに、空気や体温を感じない

その感じが、物理的な距離以上の、何か独特な切なさ?のようなものを
生むのでしょうか。不思議ですよね。

一方で、心理学で言うミラーリングのように、画面越しに
同じ動作をしたり、身振り手振りを使ったリアクションが補う
コミュニケーション力を再認識したりもして…

いかん、また話がズレてきた…
ここらで戻しましょう。

「再会」の場は五感がフル稼働しているのか、振り返ってみると
あまり何を食べたか覚えていないことが多いです。
味覚の優先順位が低い?

でも、例えば「よく会っていた頃に一緒に食べていたもの」なんかは、
同じものが今も食べられたなら、やっぱり格別に美味しく感じるでしょうね。

と、今思い浮かんだのは、
東京に住んでいた頃によく食べに行っていた、近所のラーメン!!
あの時の「味」にはもう会えないだろうな。

「めっちゃ旨いっ!」となる食事は、気のおけない仲間や家族となど、
意外と何の変哲もないトキ、日常のモノが多いことに改めて気付きました。
毎日色々あるけれど、何やかんやありがたいことです。

と日常の当たり前でない当たり前に感謝したところで、次の方へ。

その感性と優しさでバロックを牽引されている、
間もなくバロック歴23年?!を迎える木引さん。
お題は「偶然と必然」でお願いします!

text by yamakawa

BATON BLOG

2020.07.01

BATON BLOG

2020.06.06

BATON BLOG

2020.05.22

BATON BLOG

2020.05.15

BATON BLOG

2020.05.01

BATON BLOG

2020.04.24

BATON BLOG

2020.04.17

BATON BLOG

2020.04.13

BATON BLOG

2020.04.03

BATON BLOG

2020.03.30

BATON BLOG

2020.03.23

BATON BLOG

2020.03.16

BATON BLOG

2020.03.09

BATON BLOG

2020.02.25

BATON BLOG

2020.02.17

BATON BLOG

2020.02.07

BATON BLOG

2020.02.03

BATON BLOG

2020.01.27

BATON BLOG

2020.01.22

BATON BLOG

2020.01.09